音、食、その他好きなこといろいろ

2005/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年はやけに映画を観た気がする。
学生のときはよく見たけど大人になってからはたまーにしか映画館に行かなくなってた。
「あー観たいなー」って思ってるうちに上映期間終わり、DVDレンタルが出て
「あー借りたいなー」って思ってるうちにTVでやるというね・・・(笑)
そのくらい受身(笑)

やけに観たと言っても映画好きな人の10分の1くらいなもんですけどね。

今年観た映画
アフタースクール・・・
これは主演が大泉洋だからというのもあるけど面白いというふれこみと
他の俳優陣にも惹かれて。どんでん返しが派手じゃないんだけど、それが面白かったね。
同窓会・・・
好きな脚本家であり俳優さんの初監督作品。
テーマが「勘違いは人生最高の悲劇であり、喜劇である」で、ストーリーも勘違いから展開して
いくわけだけど、観てるこっちも思い切り勘違いさせられて、最後に「えええっ!」って思ったわ。
大どんでん返し・・・という言い方は正しくないな。
確かにこっちが勝手に勘違いしてただけなんだもの・・・クライマックスに大変号泣したんだけど
最後は「私の涙を返してくれぃ!」って感じ(笑) めっちゃ面白かった。
デトロイト・メタル・シティ・・・
元々コミックのファンだったのだけど映画化されるのはどーなんだろ?と思ってたのよね。
クラウザーさんが松山ケンイチなのはなかなか興味深かったけどそれだけでは観に行く
決め手にはならなかったの。でもっ!KISSのジーン・シモンズの出演決定と聞いた時に
「観る!」と(笑) 馬鹿馬鹿しくて、でも面白かったなぁ。多少コミックと違う展開だったけどね。
20世紀少年・・・
弟が原作の大ファンではあったけど私は読んでなくて・・・
ぶっちゃけ20st Century Boyがテーマ曲でなかったら惹かれてなかったかも。
何十年経とうとこのイントロのかっこよさは群を抜いている。
それにしてもキャストが凄かった、大物もだけど、バイプレイヤーな役者とか舞台出身の役者が
ぞろぞろ出ていてそれが嬉しい。 宮迫と遠藤憲一が一瞬区別つかない時があったけど(笑)
原作読んでない私にもわかりやすくて、でもかなり原作の絵に忠実だったらしいね。
2時間半の長い映画だったけど夢中で観たよ・・・が、これって3部作なのね。
不完全燃焼で終わったけど、年始の第2部・・・やっぱ観に行かなくちゃかしら(笑)
パコと不思議な絵本・・・
この映画、元々は舞台作品なんですよ、「ガマ王子とザリガニ魔人」って。
TEAM NACSの戸次重幸が出演した舞台って事で観に行ったのだけど、
その時もとてもよかったの。泣けたし感動した舞台だったけど映画は観るつもりではなく・・・
でもキャストが魅力・・・上川隆也、阿部サダヲが出るってことでこりゃ行かなくてはと。
そしたらさーホントによかったの。舞台観てるからストーリーわかるのに号泣。
映画版のほうが個人的には楽しめた。笑える部分とか特に映画のほうが上だったかも。
アニメやCGを駆使していてちょっと邦画らしからぬテイストが出ててね、
セットがちょっと過剰でさ、逆にそれがファンタジーぽい雰囲気を出していて良い感じ。
お話自体はアンハッピーではあるんだけど、とてもよかったなぁ。
今でもまた行きたいもん。これを観るまでは今年№.1は「同窓会」だったんだけど
あっさりパコになっちゃった(笑)
容疑者Xの献身・・・
ドラマのガリレオを観てなかったんで、さして興味はなかったのだけど贔屓にしてる劇団の
キャラメルボックスが来年この物語を舞台化することになり、それじゃ観とかなきゃって感じで。
そしたらば・・・堤真一にやられた!福山には元々全く触手が動かないけど(だからドラマも
観てなかった)堤真一には魅了されたよ。すごい役者だ。松雪泰子の薄幸な美人もナイス。
DMCでの社長役のキレ具合との対比が・・・(笑) 柴咲コウの役柄は特に必要がないんでは?
と思った。原作にも出てこないわけだし。別に邪魔ではないんだけど。
原作のように草薙と湯川の友情にも重点置いて欲しかったかもー。
思っていた以上に面白かった♪ ドラマ観とけばよかったかもとかちょっと思ったり(笑)

あれ?こんだけだっけ? 何か忘れてる気もする。
それにしてもこんなに邦画ばっかり観るなんて自分でも意外だわー昔ならありえん。
でも今年は邦画が当たり年だと思うんだよねー。
同じ金城武でも、レッドクリフは観れなくてもいいからK-20怪人二十面相・伝は観るよ(笑)

専ら水曜日のレディスデーに茅ヶ崎か平塚で観ることが多い。
1000円だから行くのよ(笑)
スポンサーサイト
ここにも久しぶりにエンタメな話題なんぞを・・・
SNSに書いてるのに(笑)

今年観たお芝居の中でもしかしたら1番かな、2番かなってくらい
よかった東京セレソンDXの「歌姫」
今秋ドラマ化されるわけですが、その制作発表記者会見が本日ありました。
で、ワイドショーを偶然見てたらその様子がドーンと出てきましてコーフン(笑)

TBS金曜ドラマ「歌姫」
10/12(金)10時スタート!
出演は・・・
長瀬 智也  相武 紗季  佐藤 隆太  大倉 忠義
斉藤 由貴  古谷 一行  高田 純次  風吹 ジュン
遠山 景織子  秋山 竜次  大河内 奈々子  西村 清孝
飯島 ぼぼぼ  越村 友一  丸山 麗 他
脚本:サタケミキオ

舞台で印象的だったたろうちゃんの白いスーツと帽子スタイル。
長瀬君で見ちゃって・・・あの感動が蘇りましたよ。

ほっっっんとにいい芝居だったのでドラマ化されて、どうなるのか
期待もあるけど不安もあるんだなー。
でも楽しみなのです。
相武紗季ちゃんが鈴ちゃん役なのは・・・なかなかいいかも。
元気だし笑顔だし、気が強そうな役もよいかもね。
芝居中強烈なインパクトを残した鯖子さんという役柄・・・
どうやら斉藤由貴がやる模様!
えーーーーどうなるんだろう!!

初回は15分拡大版だそーでございます♪
[ドラマ「歌姫」 制作発表記者会見]の続きを読む
平成19年度芸術文化振興基金助成事業公演
夜の姉妹
リリパットアーミーⅡ
作・演出: わかぎゑふ
出演
コング桑田 生田朗子 わかぎゑふ 朝深大介 野田晋市 千田訓子
上田宏 谷川未佳 橋田雄一郎 曽世海児(Studio Life) 三津乃あわ(ファントマ)
浅野彰一(ファントマ) 森崎正弘(MousePiece-ree) 小山茜(売込隊ビーム) 他
全労済ホール/スペース・ゼロ
2007.7.29(SUN)
nightsisters


初生リリパでした。
数年前、シアテレで「ちゃちゃちゃ~ある洋服職人の物語~」を
観たのが初映像リリパで、以来恋焦がれておりました。
確か幕末舞台特集をNACSのLOOSER目的で観て、偶然ちゃちゃちゃも
観たとゆーきっかけだったはず(記憶曖昧)。
劇評などで、普段のリリパとはちょっとテイストが違うらしいと
言うのも読んだけど、いいものはいい、彼らの芝居が観たい!
そう思っていたわけです。
コング桑田さんはキャラメルボックスの春公演「サボテンの花」への
客演もありましたし、更に観たい要素が加わり、やーっと観られました。

リリパットアーミーは元々は故中島らも主催のユニットで
あの松尾貴史が参加していた時期もありました。
現座長のわかぎゑふが2代目を継いで今のリリパットアーミーⅡに。


で、この夜の姉妹・・・男女入れ替え劇なのです。。。

以下、ややネタバレです。
[『夜の姉妹』 リリパットアーミーⅡ  ~全労済ホール/スペース・ゼロ~]の続きを読む
東京セレソンデラックス
歌姫
出演
宅間孝行 村川絵梨(アミューズ) 宮前利成 阿南敦子 杉田吉平
西村清孝 飯島ぼぼぼ 吉成浩一 竹森りさ 西慶子(劇団虎のこ)
丸山麗 大見遥 蘭香レア(アミューズ) 須加尾由二(ソルトアース) 
作・演出 サタケミキオ
utahime
新宿シアターサンモール
2007.7.20(FRI)


やばい。。。今年観た芝居の中で、ベスト5に入る。
いえいえ今まで観た芝居の中でも相当上位ランクイン。
これがセレソンだったのか・・・ハマったわ私(笑)
テレ東で魁!セレソンDXを観てた時、是非舞台を観てみたいと
思っていたけど、まさかこんなにも心をわしづかみされるとは!
シゲがいなかったらセレソンの舞台に出会うことは無かったかも知れない。
感謝感激、佐藤重幸様様でございます(笑)
[歌姫  東京セレソンデラックス]の続きを読む
やっと時間と意欲のタイミングが合い、
ヨコハマメリーを観ることが出来た。
ハマのメリーさん 真っ白なお化粧、純白ドレス姿で横浜の街に
 立ち続けた老婆がいた。
 人はハマのメリーさんと呼ぶ。
 かつて、将校相手の娼婦だった彼女は
 その娼婦としての生き方を
 前後50年貫いた。
 メリーさんが生きた戦後、日本、横浜を、
 彼女を取り巻いてきた人々の語る言葉で
 紐解いていくドキュメンタリー映画。
私の、メリーさんとの初の接近遭遇は1988年。
新入社員として横浜、関内の支店に配属された年だ。
噂は聞いたことがあったけど、やはり実際に会った時は息を呑んだ・・・
伊勢佐木モールやアート宝飾のそばで見かける事はもちろんあったが、
かつて働いていたオフィスが入ってるビルにも彼女は現れた。
伊勢佐木でも馬車道でもないけど・・・
ドアの中に入らなくても雨風をしのげる作りになっていて
腰掛けられるスペースもあったからだろうか。

初めは慣れなくて、会うたびギョッ!としていたけど
そのうち彼女がトボトボと歩いてる姿が
あの辺りの風景の一部のように溶け込んでいた。

メリーさんが横浜から消えたのが1995年だという。
横浜で彼女を見かける事が出来たギリギリだったんだな・・・私。
すごく貴重な事だったんだと改めて思う。

この映画のスタッフは20~30代だという。
メリーさんを通じ、戦後の横浜を生き抜いた人々の
歴史を記録に残したい

その熱意にメリーさんを知る人々が協力し、
5年の歳月を経て、完成した作品なのだ。

映画の中で、彼女の声を初めて聴いた。
今でも謎の多い彼女の、ほんの少しの歴史を知ることができた。
それこそ戦後を生き抜いてきた女性の生き様である。
そして今まで見たどんな資料よりも、ハマの歴史を見れた気がする。

映画の中で、メリーさんを知る人達が思い出、エピソードを語るのだ
この人達の人生もドラマティックというか、壮絶だったりする。
そして、すごく粋な女性が出てくる。
横浜最後のお座敷芸者、五木田京子ねえさん。
すげーかっこいー!のだ。
メリーさんとは仲良しではなかったっぽい(笑)

もう知られている事実だが、
1995年に横浜を去った彼女は故郷の養老院にいた。
その姿を見た時、少し目頭が熱くなった・・・なんでかしらね。
昨年行った”WE WILL ROCK YOU”で"TOMMY"のチラシもらって
ほほ~ぉ、こんなんやるんだ?と初めて知ったくらいなもんだから、
映画版の存在は2/10の新聞テレビ欄見るまで知らなかったわ。
ミュージカルのTOMMYは観にいく予定はないのだけど、
THE WHOは一昨年のロックオデッセイで貴重な来日ライブ観たし
トリノ開幕式放送まで時間あるし、って事で映画版観ることにしたのよ。
そしたらキャストにエルトンジョン、クラプトン、ティナタナ、
ジャックニコルソンとあるじゃーないの!
これは見逃せないとゆー気持ちになってしまったんだけども・・・

んー、実になんとゆーか、私には難解すぎて。。。
でも、なんとなく映像美に惹き込まれる部分もあったりして
自分でもなんか説明できない。
でもつまんなくはなかったから不思議。

70年代当時はけっこう伝説の作品なんですってねー
あぁ、無知な私。。。
てか、WHOに思い入れがあるとないとじゃ、かなりな見解の差がありそー。

エルトンジョンには度肝を抜かれた(笑)軽く引いたとも言う。
そしてティナタナとクラプトンはいつ出てきたんだか確認できず・・・
所々席をはずしたりしてたんで、その隙に出ちゃったんだねえ・・・あぁ。
クラプトンなんて歌う教祖様役だったの?ああ観たかった。
ジャックニコルソンは、あの目つき顔つきはやはりナイス。

字幕だったんだけど、あれは、あの訳詞は当時のままなんだろか?
ピートタウンゼントの世界観が凄すぎるんだろーかぁ。んー

映画版観ればいいや、と思ってたんだけど、
なんかかえって今回のミュージカルに興味が湧いちゃったりして。

あぁ。。。トリノ開幕式は見逃したさ。
最近好きなドラマ。
登場人物と世代が同じな事もあって興味持って観てる。
続けて観たいなと思えるドラマが少なくなってる中、
このドラマは毎週楽しみ。
正直な話、洋さん出てる「小早川・・・」より楽しみなのよね。
キャストがまたいいじゃない。
小林聡美好きだわ~
尾美としのりが共演してるっつーのも私らの世代としては
なんか感慨深いものがあるのよ。

1996年。
10年ひと昔って言葉があるけど、
なんかそんな昔な感じがどうしてもしなくて・・・
番組のHPで1996年の流行りモノについてのコンテンツを見たけど
「ナマ足」とか普段聞く言葉だし10年前流行りだしたとゆー実感がない。
「ポケベル全盛、携帯電話普及始まる」とゆーのは時代を感じたけど。

ドラマの主人公は28才の時に生き生きして仕事も恋も頑張っていた。
10年前の自分はどうだったかとゆーと、
OL辞めてぷらぷらして、いい加減何かしなくちゃと思い
飲み屋で夜のお仕事開始。(夜型人間形成スタート)
恋愛は・・・これまた最悪なパターンで、
客とデキてしまい、しかも不倫だったとゆー、グズグズの状態(笑)
今はまた違う生活をしているけども、
人間的には10年経ってもあまり変化がないし
なんとも情けない。

     10年前のわたしからの質問
◆10年前に愛していた人を、今も一番愛していますか?   no
◆10年前にがんばっていた仕事を、今も続けていますか?  no
◆10年前いつも一緒だった友達は、今も一番の親友ですか? yes
◆10年前泣いた映画で、今も泣けますか?         yes
◆10年前楽しみだった誕生日は、今も楽しいものですか?  yes
◆10年前に星を数えた夜空を、時には見上げていますか?  yes
◆10年前にしていた恋のように、今もトキメクことはありますか? yes
◆10年前になりたかった自分に、今なっていますか?       no
◆10年前に探していた居場所は、みつけられましたか?      no
◆10年前の正義感や情熱を、今も持ち続けていますか?    ・・・ウーム
この10年間、精一杯生きましたか?  yes,maybe

10年前好きだった音楽を、今も好きですか? oh!yes
・・・・この質問入れてくんない? だめ?
20年前でもいいよ?(笑)
まだまだあぶない刑事 観てきました。
abudeka
タカとユージ、相変わらずかっこよかったね。
が、老けたね、確実に。
当たり前だ。
年とってもかっこいいもんはかっこいい。

俳優としては中村トオルが好きなのだけども
最近の彼の仕事の中ではもうあまり見られなくなった
お調子者風がアブデカでは見れて楽しいね。
二人の前ではカチョーの肩書きなんて通用するわきゃないのさ。

浅野さん、ポスターとかではめちゃかっこいい女なのに
今回もストーリー中のカオルは終始コスプレで・・・
これって全部浅野さん自身が考えた衣装なんだそーで。
メーター振り切れてますなー(笑)

ストーリーについては・・・
まあツッコミどころはいろいろあるけども、
トータルで面白かったんだからいいじゃないか!
ってことでね。

シネプレックス平塚で初めて映画みたけど
けっこう観やすくてよかったかも。
レディスデーだったんで混むかなと思ってたら
あまりにもガラガラで意外だったけど・・・

通院してる病院の薬剤師さんに偶然会った。
びっくりした。
アブデカ観てたのねー、しかも向こうは
ずっと私に気づいていたそうで・・・
平塚に知り合いいないと思ってたのに。
木曜日、久しぶりに映画見ました。

『容疑者 室井慎次』

さほど期待もしてなかったんだけど、面白かったー。
睡眠不足で行ったので寝ちゃうかと思ったけど全然。
引き込まれてしまいました。

哀川翔、いいですなあ。
その昔、セピアの頃は見た目の鋭利な感じに惹かれたもんですが
今は逆だね(笑)
昔ちょいワル(風)でした系の人が好きな傾向があるんですが
まさにストライクな哀川翔。
最近のオススメですな。翔さん。
スリーアミーゴス、いきなり出てきて笑っちゃったよ。
あの3ショットは何もしなくても笑える。
『交渉人真下正義』のほうが、実は「容疑者」より面白そうだと
思っていたのだけど、結局見ないままなんだよね。
すごく見たくなってきました。

上映前のCMで「この胸いっぱいの愛を」をやってた。
キャラメルつながりでもあるけど、見たいと思いましたね。
たぶん間違いなく泣いてしまうだろうけど・・・

せっかく近場に映画館あるのに全然行かない私。
昔はよく行ってたのにな~~
ここ何年も、見たいと思いながら見そびれて、
そのうちビデオやTVで・・・って感じ。
せっかく寝ようとしていたのに。。。

弟がPRIDEのチケットを取るのに10時から電話かけるという。
こいつはあんまり普通のプレイガイドで取ったことない。
私が取ってやるか、もしくは何かファンクラブや格闘技雑誌の
先行予約みたいなんで取っていたから。
家に居たのが運の尽き、電話に借り出される。。。
弟は家電からぴあへ。
私は携帯からローソンへ。
前もって言われてれば下調べしたんだけど、
いきなりだったので言われるがままに電話。
案外すぐローソン繋がったのはいいが、総合案内じゃん!!
PRIDEのサイトに出てた番号が総合案内の番号だったらしい。
んだよぉぉぉ~~~o(`へ´)ノ
そうこうしているうちに家電のぴあが繋がったのだが、
席種コードがわからんともたついてるうちに切れる。
調べとけよぉぉぉ~~~o(`へ´)ノ
でもどうにか取れたようだ。
せっかく繋がった電話が切れちゃうとかって、
みすみす良い席を逃しているようで勿体無くて
そーゆうのにすごくいらだつ私だったが
弟自身は「取れた取れた」と喜んでいた。
ま、いーや私のじゃないし~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。