音、食、その他好きなこといろいろ

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TEAM-NACS 全国公演(札幌凱旋公演)
COMPOSER~響き続ける旋律の調べ~
クローズド・サーキット
出演: 森崎博之 安田顕 佐藤重幸 大泉洋 音尾琢真
会場MC: 鈴井貴之
2005、9、2、 日比谷公会堂
hibiyakokaido

今日は蒸し暑くて残暑厳しかったね。
そんな中行われたCOMPOSERのクローズド・サーキット
行ってきましたよぉ。
キャラメルでも経験の無かったクローズドサーキット。
スクリーンに映し出される芝居は
同じ時間に札幌で行われている生公演。
映画とも違う、TVとも違う、でも生の舞台を観ているのとも違う、
それは果たしてどんな感覚なのか?
期待と不安の中、日比谷公会堂へ。
日比谷公会堂はもう10年ぶりくらいだ。
大変趣のある古い建物。
昭和4年に出来たんだって・・・
昔の建造物大好きなので、すごく血が騒ぐ(笑)

話が逸れた・・・

札幌での開演の30分前にクローズドサーキット会場が開演。
まずはミスターの登場。
会場は大拍手とおかえり~~の歓声で迎える。
某HPで「戻ってきたら老けちゃった」よな事を見た気がするけど
逆に若々しくなっていたよーな・・・
と言っても私は生ミスターは初めてなので以前と比べようがない。
生き生きとしゃべるミスター(笑)
本人も「こんなにしゃべる僕見たことないでしょう?」
みたいな事を言ってたけど、
ホント間髪入れずに流れるようなトーク。
そして声が高い(笑)
本人曰く、ラジオの時の声のトーンらしい。
これまた道外の私にはなんとな~くしかわからないのが悔しい(笑)
で、昔の公演を振り返るビデオなんてのが流れたりして
そうこうしているうちに札幌と中継が繋がり・・・

千秋楽も終えたし、ちょろっとはネタバレOKかな?
ストーリーはまあ、ここでも見て。
いやぁ・・・いきなり洋ちゃんちょろっとかんじゃったなー(笑)
ひやひやするよっ。
そして実際見た公演の時にも思ったが
安田さんのモーツァルトは最高だね。
クローズドでアップで見た表情の怖さと言ったら(笑)
あのメイクも衣装も他のメンバーなら浮くだろう。
彼だからこそなのだと思う。
負のイメージ、絶望こそが源の怨霊モーツァルトを
それこそ彼が言う通り生き生きと演じていた。
5人それぞれ素晴らしかったが、
今回のMVPはヤスケンに差し上げたい。(エラソー)
そしてこの作品を書いたリーダー、
私は最初は、こんなあまりにも偉大な音楽家、
そして日本ではない舞台を題材にした話で大丈夫なの?
面白いの?と思っていたのですよ。
でも、私のおせっかいな不安は芝居を観進めて行く内に
どんどん消え去り、ぐいぐい引き込まれた・・・
リーダーすげーな、と改めて思っちゃったさ(エラソー)
もちろん森崎さん1人ではなく、ナックス5人で作り上げ、
今の形になったのだよね。
更には5人だけじゃなくCOMPOSERに関わった方々全員から
生まれた作品なのだと思う。

クローズドサーキットの面白いところは
カメラが役者にズームしたりして細かな演技、表情がよくわかる。
後ろの席でも端の席でも・・・
要はどの席でもある程度平等。
でも舞台全体を見るにはカメラが引きの映像になった時だけ。
カメラワークがよろしくないと面白味は低下する事になる。
録画編集したVTRとは違い生中継だから、
その瞬間に観ている側に届く映像のみが全てになる。
今回は多少的を外した時やカメラが泳いだ時があったね。

私の個人的意見だけど、クローズドサーキットは
一度生で公演を観てからのほうが、楽しめると思う。
舞台を観てからだからこそ、
こーゆう見方もあるのだ、面白いなと、思える。
おそらく誰もが「でもやっぱり生がイイ!」と感じるだろうけど(笑)
いや、クローズド・・・も生だけど2Dの世界だからね。

公演が終わりカーテンコールの時に
札幌ファクトリーホールから
中継されてる各地に呼びかけもあった。
なんか不思議な感覚ね(笑)
洋ちゃんが昨今の異様な人気ぶりを受けて
「もうこれ以上ファンは増えない!!」
「あなた達は一生ナックスを応援していく責任がある!」

と力説してたのには笑った(笑)
こっちの様子は札幌には中継されないので一歩通行なのが
残念だったなあ・・・盛り上がりを伝えたかった。
でもスクリーン越しだけど、札幌との一体感はあったと思う。
きっと仙台も大阪も。
  hibiyapark




 時間があったら
 のんびりしたかった。

hibiyafunsui



大きな噴水が中央に。
なんか落ち着く雰囲気。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
どうも、お久しぶりです。

クローズドサーキット、初めての参加なので
どんな感じになるのかと思っていましたが、
とても満足の行く内容でした。
開始に間に合わなかった事だけが心残りですが・・。

ウーエン・イ・ウーストのチケットも取りましたよ。
トライアルと本公演を1つずつ。本公演は楽日を抑えました。
ヤスケン&魚さん(笑)のNACSで1・2を争う演技力の2人が、
外でどんな活躍をするのか今から期待したいですね。

祭り、宿と飛行機の手配がやや遅かったせいか、
多少希望通りに行かず・・・
飛行機なんて午前の便全滅ですよ(爆)
どうバカ恐るべし。
2005/09/23(金) 08:39 | URL | yuta0919 #GCA3nAmE[ 編集]
私もウーエン押さえました。
トライアルのみなんですけどねー
演技派二人の抜擢となれば期待は
イヤでも高まるってもんですね。

祭の日はずいぶんと前から飛行機厳しかったそうですねー
ホント恐るべしです。。。
でも楽しんできてくださいね。
2005/09/23(金) 08:44 | URL | はづき #N0fGSRtA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://augustmoonblog.blog5.fc2.com/tb.php/107-7f144167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「TEAM-NACS全国公演COMPOSER 響き続ける旋律の調べ」を見に、日比谷公会堂に行ってきました。3回目です。ただでさえ会場着はギリギリだったのに、電車が遅れたせいで駅に着いたら18時30分。それって開演時間orz猛然と会場まで走って、ようやく入口に着いた辺りで聞き
2005/09/23(金) 08:40:34 | NO BUFFET,NO LIFE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。