音、食、その他好きなこといろいろ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OEN I OST(ウーエン・イ・ウースト)
THE ISLAND IN THE EAST
トライアル公演
出演 安田顕 音尾琢真 森弘一郎 植木豪(PaniCrew) 他
演出 スティーン・カーナー クレメンス・テリング 森弘一郎
日本語脚本 森雪乃丞
2005.12.21 新宿シアターアプル

デンマークの奇才が放つ総合エンタテイメント ウーエン・イ・ウースト
キャストは演劇、音楽、ダンス等で活躍中の実力派を集めた
"日本とデンマークの究極のコラボ”


ってことで、トライアル公演観てきた。
モロネタバレはなしのつもりだけど、ほんのり感想は述べたいと・・・
この公演自体がどんどん変わってゆくみたいなので
今回私が観たものが、本公演でどうなるのか、気になる。

席がですね、2列目ど真ん中で、こんな近くで彼らを観れるなんて!
と感激ではありますが、芝居ってやっぱり10列目くらいがいいね。
今回は会場をフルに使うみたいなので、特にそう思った。

フィジカルシアターってなんぞや?って感じで、まずマッスルミュージカル
を思い浮かべたりしたんだけど、マッスルM、TVでしか観てないし・・・
間近で観るブレイクダンスは迫力あったし、ダンサーによって
キレのある人、しなやかな人、いろんなダンスを魅せてくれた。
バレエもまともに観たの初めてかも。
何しろどんな舞台になるのかさっぱりわかんないままだったので
ストーリーすら飲み込めず・・・(^^;
観ていくうちに徐々にわかっていったものの、
全部はたぶん理解できてないです(笑)
やけに手作り感のある小道具やら、ストーリー展開にしても
単純なのか深いのかよくわかんなかったのよぉぉ、すいません。
そんな中、やっぱり音尾琢真の芝居は知ってるとおりなのでほっとしたり。
でも彼はかなり中心人物なので頑張っている感じがびしびし伝わる。
安田顕・・・彼が登場する度に沸き起こる笑い・・・
爆笑ではなく、ちょっと失笑にも近いような・・・あ、いや、
でもさすがヤスケンとゆー賞賛の笑いですよ。
あぁ、誉めてるのに誉め言葉じゃないな、コレ(笑)
言葉を使うとネタバレになっちゃうし・・・
彼も重要な役で、そしてそれは私の好きなものでもあり、ちょっと嬉しい。
安田顕を知らずにウーエン観た方も、
きっとかなりインパクトを受けたはずよ。

ん~~、やっぱりトライアル公演じゃなく本公演取るべきだったかなあ。。。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://augustmoonblog.blog5.fc2.com/tb.php/174-5bcc49a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。