音、食、その他好きなこといろいろ

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

柚子の季節になると田舎から送ってくれたり
人様からいただいたり、自分でも購入したり。
好きな柑橘の1つです。

皮を冷凍してオフシーズン用にストックしています。
買ったもの以外は見てくれは悪いんで、それでもイイトコだけ
集めて白いワタ部分をなるべく綺麗に削いで冷凍しときます。
yuzukawa
 以前、使うときに便利だと思って
 刻んで冷凍したら
 風味も落ち冷凍焼けも早くて失敗。
 大きめのまま、ラップに包んで
 ジップロックで保存。
 使う寸前に刻むとその度に
 「あぁ~いい香り」とウットリ(笑)

保存するにはちょっと傷が・・・って部分は果肉果汁と共に柚子ジャムにします。
もちろん傷の部分は取り除いてね。
柚子ジャムはお菓子の材料にすることもあるけど、
ほとんどゆず茶として消費してしまいます。
買うとけっこう高いんだよ、柚子茶って・・・
だからほぼ手作りにしてます。
yuzucha
 空瓶を煮沸して、
 柚子ジャムを口まで入れて更に煮沸。
 これで1年後開けてもカビなしでした。
 ほとんど数ヶ月で消費しちゃうんだけどね。
 お湯で溶いて飲むだけなんだけど
 ヨーグルトにも合います。
 オリゴ糖プラスすればヘルシーデザート。
ゆずジャムの作り方は自己流。
煮て作るもんだと勝手に思っていたけど、氷砂糖と漬け込むなんてレシピも
聞いたことあるんで、本場韓国ではどうやってるんでしょうか?
漬け込み型が本来のやり方なんでしょうかね。
私は分量なんかはもうその都度目分量だし( ̄▽ ̄;)

↓でレシピ・・・っぽいものを(笑)
◆超オリジナルゆずジャムレシピ◆

分量はお好みで・・・

・柚子の皮、果肉、果汁 大3個ほど
・砂糖 柚子の1~1.5倍くらい
・はちみつ適宜
・水 100cc(少ないほうがいい)
・重曹(あく抜き)

柚子から果汁を絞って袋部分を取って、タネを外す。
柚子皮は1晩水につけてあく抜き、もしくは重曹をいれた水に
皮を入れ沸騰後、10分程加熱。(重曹は水から)
皮を流水でさらし、冷めたら細かく刻む。
袋部分と水を鍋に入れて弱火で5~10分程加熱。
袋についてる白いスジ、ワタは苦いので煮る前に丁寧に取り除いて
袋の中から残ってる果肉と果汁を搾り出すイメージで(笑)
この時袋からペクチンがかなり出て、ジャムが固まる素になる。
タネをいれちゃうと激ニガになるので注意。
目の細かいザルかこし器で漉して出がらしになった袋は捨てる。
刻んだ皮、果汁、ペクチンを砂糖と一緒に煮詰める。
砂糖は三温糖、きび砂糖などでも。
はちみつも好みで。
はちみつオンリーでもよいんではないかと思うけどどうなんだろ・・・

スタンダードなジャムの作り方を踏まえた上で煮詰まり具合など
調節してくださいませ。
袋を煮出してペクチン抽出は省いても可。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://augustmoonblog.blog5.fc2.com/tb.php/224-ce225948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック