音、食、その他好きなこといろいろ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苺狩りの後、友人一家に掛川周辺を案内してもらいました。
そいえば、昔から何度か来ているものの観光らしき事をしていなかったな。
苺狩り記事のほうにも書いたけど御前崎でしらすアイス食べたり、
牧ノ原の壮大な茶畑を見たり。
お茶と言えば静岡なのはわかってるけど、とにかくちょっとしたスペースは
全部お茶の木が植わってるって感じ
先日見た「蛇口からお茶が出る小学校」のNewsも納得だわ・・・

で、訪れたのは掛川花鳥園というところ。
佇まいは時代劇のセットのような武家屋敷風。
長屋門と呼ばれるその出入り口を入るといきなりお土産物の売店なのだけど、
売店スペースを取り囲むようにフクロウが。
微動だにしないので作り物かと思ったけど、じっと見てると動いてる。
たまに羽ばたいて移動もする・・・うぅ、和むわ、この姿。
なんかもう夢中で撮りまくっている(笑)
メガネフクロウワシミミズク?アカアシモリフクロウ
名前わからず・・・名前わからず・・・カラフトフクロウ
可愛いけど名前わからず・・・
 ←特にラブリーだったこの子。
 羽毛はふわんふわんのほわんほわんです(笑)
 触れずともわかります。
 ススキで作ったふくろうがあるけど
 お腹部分なんてほんとにススキの穂みたい。
 空気を含んで温かそう~。
 ガラス張りだけど、ここは無料で沢山のフクロウを
 見る事ができるエリア。
 売店のふくろうグッズも可愛いかった~
シロフクロウ やっぱりどこか高貴な気がするシロフクロウ。
 ちゃんと種類をチェキしてくればよかったけど
 そんなの見ちゃいなかったから(笑)
 後から調べてみたものの、
 半分わかんなかったわ。
 以前トリビアの泉に出た、
 驚いた時に体がビヨーンと細長くなる
 フクロウ(ミミズク)など、
 27種類ものフクロウに会えるのです。
 それにしても癒されるわ・・・
猛禽類だから、爪は鋭いし威風堂々とした感じのカッコいいのもいるんだけど
小さくて可愛いってのもいるし、ファービーみたいなのもいる。
ガラスを隔ててるけど割と近くにいて、じっとこちらを見てるので
写真撮ろうと構えると首だけクルッと後ろを向いてしまう(笑)

無料でフクロウを堪能した後は1050円の入場料を払って中へ。
そこにはまさに花と鳥のワンダーランドが広がっていたのでした。
中へ入っていくと、まず何気にペンギン。
ずーっと毛づくろいをしていてなかなか顔を拝めなかったけど(笑)
水鳥のプールと呼ばれる池にはあらゆる種類の水鳥たち。
よく見かけるカモやオシドリもたくさんいるけど、ペリカンやコクチョウ、
そしてさきほどのペンギンまでもが同じ池にワラワラといる(笑)
みんな人間に思い切り慣れていて水際に近づくとがんがん寄ってくる(笑)
いや、それは親しみを込めて近寄ってくるのではなく
エサくれると思って寄ってくるのね(笑)
ちょこんと顔を出してこちらを伺うケープペンギン。
が、エサ持ってないと知るや、泳いでいってしまう。
もちろんスタッフさんには慣れていて
ムツゴロウさんのようにガシガシ撫でられても
水から引き上げられてダッコされても喜んですりよってたわ
ケープペンギン
 ケープペンギン
   「じゃ、さいなら~」
「エサ持ってないの?」

大温室 5000㎡もの
 大温室。
 花がもう・・・
 派手だもん(笑)
 温室と言っても
 ムシっとする
 湿気はなくて
 快適です。
 温室なのに
 そばとかうどん
 食べられるし。
 しかも
 うまいらしい。

カンムリバトギニアエボシドリ
コガネメキシコインコ 綺麗な鳥がたっくさん・・・
 これは、たぶんカンムリバト、
 ギニアエボシドリ
 そしてコガネメキシコインコ。
 このカラフルなインコが
 やたら飛び交っていて
 頭上をかすめるのはもう当たり前で、
 いきなり頭に止まったりもする(笑)
とにかく延々と広大な温室が広がっていて
甲高いキィキィという鳴き声が鳴り止まない(笑)
突如バサバサバサッと顔の前を羽ばたいていったり
下も見てないとインコ踏みそうになったり、気がつくと足元に
孔雀やキジの仲間みたいのが居たりする。
オニオオハシ ←オニオオハシ。
 エサ箱の上に止まって誰かがエサ買うのを
 待ち伏せている(笑)
 エサの白いカップを持つとその人の腕や肩に
 乗ってくるのだけど視線は常にエサのカップ。
 フラミンゴも普通に歩いている。
 水の中だけじゃないんです・・・目が怖い。
色とりどりの大温室フラミンゴ

スイレン 約100種もの
 スイレンが
 栽培されてる。
 とにかく綺麗
 そして優雅。
 スイレンの池は
 腰の高さほど。
 だからとっても
 見やすい。
 水面をよ~く
 見てると、
 熱帯魚も沢山
 泳いでます。
 濃厚です(笑)

外に出ると鶴が居たり、カモや白鳥が泳いでる池があり、
奥には斜面を利用してエミュー牧場なるものが。
どんだけ広いんだここは(笑)
でも歩き疲れるって事じゃないのよ、通路から何からずっと
何かしら居るので飽きない(笑)
白鳥 水じゃなくて地べたで休む白鳥。
 なんか違和感(笑)
 近寄っても全然逃げない。
 とにかく逃げないんだここの鳥達は(笑)
 でも突付いたりもしてこない。
 糞害も私達には全くなかったし。
 スタッフの方々が常に掃除していました。
 温室も鳥臭さは全く無かった、と思う。
エミュー むき出しの斜面みたいなところを
 小型のダチョウが群れてるなーと思ったら
 オーストラリアのエミューでした。
 こいつらも「エサくれー」って感じで
 一瞬顔を近づけてくる・・・が
 エサ持ってなさそうだとすぐ顔引っ込める(笑)
 やっぱちょっとデカいのでフェンスの外からの
 エサやりはいいんだけど、フェンス内は・・・
ええ、普通に入れるんですよ、牧場内。
エサ持って入るとすごい群がってくるんだよね(笑)
私も手からあげてみたんだけど、痛くはないけど力は感じました。
友人の息子ちゃんは牧場内を走り回ってエミュー追っかけてました(笑)
最初、小さな鳥にもおっかなびっくりだった息子ちゃんだけど
次第にエサをあげたり、触れたりしてわずかな間にも成長していました。

なんか不思議な鳥テーマパークだったんだけどとても楽しい。
花鳥園のHP見るだけでも楽しいわよ(笑)
そして神戸にも花鳥園があることを知りました。
しかも同じグループの経営で、他にも数ヶ所存在してるとの事。

お気に入りのポータルサイト、デイリーポータルZ
ライターの乙幡さんが「トリまみれになる」という企画で
花鳥園を訪れていました。この記事読んでたわ、私・・・
一昨年の企画ですが、このレポで花鳥園の雰囲気が
すごく伝わる気がするのでリンクしておきます。
デイリーポータルZ 「トリまみれになる」

温室内にもフクロウ
 掛川花鳥園
 静岡県掛川市南西郷1517
 0537-62-6363
 OPEN: 9:00~17:00
 無休
 入場料:大人1050円 子供525円
 JR掛川駅より徒歩9分
 

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://augustmoonblog.blog5.fc2.com/tb.php/451-a9092576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。