音、食、その他好きなこといろいろ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TEAM NACS SOLO PROJECT
GHOOOOOST!!
出演: 大河内浩 二瓶鮫一 野仲イサオ 加藤たか子 音尾琢真 佐藤重幸
脚本: 佐藤重幸   演出: 福島三郎
音楽: パッパラー河合 月光グリーン
GHOOOOOST!!
2007.8.16(THU) 20(MON)
紀伊國屋サザンシアター


TEAM NACS SOLO PROJECT 第一弾として佐藤重幸が脚本を手がけた今作。

無事札幌での千秋楽を迎えましたので、感想はネタバレでいきます。

すっかりエントリーUPが遅くなってしまった。。。
シゲらしい、自分が面白いって思ったものをストレートに取り入れた作品。
登場人物が幽霊って事自体は珍しくもないけど、随分と突飛な素性を
持った幽霊達だったわね(笑)
終始ドタバタしているけど、きちんとしたストーリーの元に成り立っていて
最後はしっかりハートウォーミング。

劇中、物語の展開を文章や映像にしている部分があるのだけど
端折っているというよりはテンポをよくしていた感じかな。
無駄に説明的な台詞言わせるよりもよかったのかも。

★ここからストーリー書いてますので、見えなくしてあります。
ご覧になりたい方は反転して見てちょー。
長文です、ごめんなさい。 下の方に感想などあり。

とある通夜会場・・・交通事故でこの世を去った4人の幽霊が自分達の棺の前に集まった。
1人は事故を起こした張本人、ヤマダサイエンス社長山田春海
そして被害者である北海太郎水木しげお、謎のロシア人ミルゾ・ナビアノフ
被害者幽霊に責められ平謝りの春海。
そこへヤマダサイエンスの副社長手塚君彦がやってくる。
春海の息子だが愛人の子であり肩身の狭い思いをしている君彦は社長亡き後、
父親と引き取り手のない被害者の合同葬儀の段取りなどに忙しく動いていた。
頼もしい跡取り息子であるかのように振舞う君彦だったが・・・

さて、通夜の席、棺の数は3つ。遺影から春海、北海、水木の棺である事がわかるが、
幽霊はもう1人いる・・・謎のロシア人ミルゾ・ナビアノフだ。
実は彼は春海が乗っていた車に搭載されていたカーナビだったのである。
そしてそれはヤマダサイエンスが開発した人工知能でもあった。
元々肉体の無いAIだが、たまたま事故現場を彷徨っていたロシア人幽霊に乗り移って現れたのだ(笑)
ナイトライダーファンの春海はAIカーナビをキット(以下キット)と名付け自分をマイケルと呼ばせて楽しんでいた(笑)

君彦は母を捨て自分を捨てた父を恨んでいた。
女手ひとつで息子を育てた母は無理がたたり君彦が12歳の時に亡くなる。
父への憎悪はますます膨らむ一方。
大人になり副社長に抜擢された君彦は、社長の死を機に次期社長になり
ヤマダサイエンスをテヅカインダストリーに社名変更しようと画策していた。

一方幽霊4人はすぐ成仏する気もなく和やかに酒盛りをしつつ自己紹介を始める。
春海とキット以外の2名・・・なんと北海太郎は宇宙人、そして水木しげおは妖怪 座敷童子だという!
北海太郎は地球に宇宙旅行に来たはいいが旅行会社の迎えがこない。
水木しげおは座敷童子として城に棲みつき織田信長や豊臣秀吉に天下を取らせていたという話で盛り上がる(笑)
酔っ払った水木は人間への不満を募らせていた。
キットはプログラムという特性で、人に憑依(インストール)するのが得意だ。
北海や水木に乗り移って心の中を読み取ってしまう。
そして春海が隠している秘密さえも知ることになるのだ・・・

泥酔した水木が通夜の席からいなくなると、急に災いが起こりだす。
座敷童子いるところ福が舞い込み座敷童子去るところ、不幸が訪れる・・・

社内でAIの開発が成功していた事を知った君彦だったが
キットは自ら社内に残る自分の痕跡(プログラム)を全て消去していた。
君彦は、自由自在に人に憑依できるキットを言葉巧みにPCに乗り移らせキットのパーソナルデータのみを消去してしまう。
AIのプログラムを手に入れ、キットを抹殺した君彦だったが・・・

友達を失ったかのようにひどく悲しむ春海を見て、水木が座敷童子の力を発揮!
君彦が壊したデータを元通りにし、キットを無事蘇らせる事に成功。
キットは君彦にも乗り移り、彼の犯した重大な罪を知る。

飲酒いねむり運転で事故を起こした春海だが、実は睡眠薬が混入された酒を飲んでいた。
君彦がかつて勤めていた製薬会社が開発した 飲んだ痕跡の残らない睡眠薬。
君彦は、社長室に置いてあるアルコール全てにその睡眠薬を混入していたのだ。 
殺したいほど憎い・・・母を追い詰めた父親を君彦は許せなかった。
自分の中に、春海の血が流れているという事実が許せなかった。

「安心しろ、お前の中に俺の血は一適も入ってない」
春海は君彦にそう告げる。
そう、君彦は母文江が春海と付き合う前の男の間の子供だった。
信じられない君彦は春海を激しく責める・・・がそこに文江の幽霊が現れた・・・
文江は春海に手を付けられたのではなく、お金の為に自ら春海に近づいていた。
お腹の子供が自分の子供ではないと知りながら、妊娠を喜ぶ春海。
自分の子として育てるというが、文江はかたくなに拒絶する。
なぜなら、春海を本気で愛してしまった自分のしてきた事が許せなかったからだ。
子供に会いたいという春海の気持ちも援助も拒否して自分独りで君彦を育てる事を選んだ文江。
事実を知り、呆然とする君彦。 そして自分が君彦を追い詰めてしまった事を詫びる文江。
気持ちがやっと通じ合ったかと思っていたのだが・・・

2度殺されたキットの怒りは治まらず、君彦を憑き殺すと言う。
君彦も覚悟を決めるが・・・キットは君彦を殺さず生かす選択をする。
通夜の夜からこれまでの記憶だけを消去された君彦は
「憎い父親が死んだ」という事実だけを背負って生きていくことになる。

4人と1人の幽霊は、成仏への道へ向かう。
神が現れて、生まれ変わりの希望を聞いた。
北海太郎は地球人へ、水木とキットは人間へ、
春海と文江は来世も一緒になる事を願い、それぞれ天へと旅立つのだった。。。


これでも端折りました(笑) 思い出せない部分もあるしー。
今回、なんといっても可愛かったのが水木しげお役の二瓶さん。
おじーちゃんなのに座敷童子で、でも可愛いのよ。
音尾君のキット役も適役かな。
なんでロシア人よ?と突っ込みたいけどたまに発するロシア語がたまらない(笑)
スパシーバ! マトリョーシカ! 北方領土、返さん、返さーん!(笑)
ナイトライダー好きだったから、ちょっと嬉しくもあったし。
後半ちょっとウルッときそうな場面があったんだけど君彦の
「バファリンか!」の台詞で涙引っ込んださ(笑)
みなさん、泣けたという評価ですが、私は泣くまではいかなかった。

シモネタ多かったね(笑)さすがシゲ~
NACSで男同士のチュウには慣れてるんだけどさ、男女のチュウはちょっと照れるわね
ん~文江が現れるシーン、幽霊なんだけどなんかフツーに静々と出てきてちょっと・・・(^^;;
そして神様だよね。。。神様が出ちゃうとなんか急に薄っぺらくなってしまった気がする。
全体がとっても面白かったので、よいのだけど。。。
ホント面白かったし、佐藤重幸を少し尊敬しちゃいました。

あ、そうそう最初に観た日・・・NACSのお2人がご覧になってました♪
うほほ、思いがけずラッキー
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://augustmoonblog.blog5.fc2.com/tb.php/544-633a0e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。